お知らせ。2月26日(水)予約状況は、予約状況、13:00、15:00~20:00空きがあります。 2月28日(金)予約状況、11:30~20:00空きがあります。

ギックリ腰の患者さんの1症例

ブログご覧いただきありがとうございます。

今日はギックリ腰の方の1症例を紹介したいと思います。

患者さんの状態

20代の女性で小さいお子さんが2人いる方です。

当院にご来院の際は、何をしていても痛い状態でした。

立っていても、座っていても痛い。

ギックリ腰のような急性の場合ですといろいろと検査や詳しい問診をとる前にまず少しでも痛みを軽減してから詳しくお話を聞いていったほうがお体のためにも良いのでまず座位の状態で足と手に鍼を行いました。

鍼を刺したまま骨盤腰痛の調整をやさしく行いました。

座っていても耐えられる痛みまで軽減したのでここで改めて細かく問診検査を行うことにしました。

経緯

1ヶ月前くらいからお子さんの保育園や行事などでいつもよりいそがしい日が続いている。

1週間前くらいから子供を自転車に乗せる、降ろす動作で痛みがで始めた。

いつもは腰をたたいたりしていると痛みが取れていたがここ1週間は痛みが続いている。

今日になり朝起き上がるのが辛く何をしていても腰に痛みがある。

明日大切な行事があるので何とかしてほしいとのことで来院。

動作は前にかがむのが一番痛い。

腰を反る動作、捻じる動作でも痛みあり。

2人目のお子さんを妊娠中に腰が痛くなり出産後腰の痛みで整骨院に通院していたが子供がいるため中々続けて通院することが出来ずここ数か月は治療していない。

冷えは10代のころからあり。

2人目出産後から生理痛がひどくなった。睡眠時間も3~4時間程度。

問診検査の結果から判断すると、1ヶ月前からの忙しさによって腰の疲労がピークに達してのギックリ腰である。

冷え、生理痛もあるので血流の問題もあり。

引き続き鍼と骨盤の調整を行いペインスケールが3まで改善したので今日の治療はここで終了としました。

治療後はかがんで靴を履くのが辛くない。

継続して治療をしたほうが良い事はご本人も自覚しているのですがどうしてもお子さんがいると自分のことは後回しになってしまうのが現状。

次回は来れても数週間後ということで、セルフケアをお伝えして自己ケアをするように指導を行いました。

その方その方のライフスタイルがありお体のケアだけに時間とお金を避けないことも多々あると思います。

いかにその方に合わせた治療と治療プランを提案できるかが大切だと私は考えています。

どのようにしていきたいかを詳しくお聞きしながら治療を行っていきますので初回のカウンセリングには30分から1時間のお時間をいただくこともあります。

当院では次のことをより意識しております。

①問診検査に十分な時間を使って原因をつきとめます。
②鍼、整体はソフトで優しい力でお体に負担の少ない施術をおこないます。
③再発しないお体づくりまで長いお付き合いができる信頼関係の構築に努めてまいります。

少しでも皆様が健康になれるよう誠心誠意対応させて頂きます。

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

健心鍼灸治療院

住所:〒125−0041
葛飾区東金町1−17−7新井ビル1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました