お知らせ。2月26日(水)予約状況は、予約状況、13:00、15:00~20:00空きがあります。 2月28日(金)予約状況、11:30~20:00空きがあります。

肩こり、左肩甲骨内側ハリ、痛みの原因は?

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,産後,東京都,葛飾区,鍼灸院,整体院,産後骨盤矯正,出産,生理痛,産褥期,妊娠,金町健心鍼灸治療院,ぎっくり腰,自律神経,睡眠,不眠症,鍼灸,鍼治療,首肩痛,産後,産褥期,骨のズレ,姿勢,変形性股関節症,変形性膝関節症 ブログ

寒い日が続いていますが、体調は崩していませんか?寒いと体が縮こまり肩に力が入ってしまい肩こりになりやすいです。

当院に来られている患者さんの中に、肩甲骨内側ハリを訴えるかたがいますが、圧倒的に右より左にハリ、痛みを訴える方が多いのです。

左肩甲骨内側ハリ、痛みがでる原因について考えていきたいと思います。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,産後,東京都,葛飾区,鍼灸院,整体院,産後骨盤矯正,出産,生理痛,産褥期,妊娠,金町健心鍼灸治療院,ぎっくり腰,自律神経,睡眠,不眠症,鍼灸,鍼治療,首肩痛,産後,産褥期,骨のズレ,姿勢,変形性股関節症,変形性膝関節症

なぜ左肩甲骨内側が右に比べてハリ、痛みやすいのか?


  • 右腕よりも左腕のほうが使うことが少ない。
  • 同じ姿勢でキープしていることが多い。
  • 細かな作業や重いものを持つことが多い
  • パソコンでの仕事が多い。
  • 左側重心のことが多い。
  • 同じ作業を繰り返ししていることが多い。

上記のことをしている方は左肩甲骨内側ハリ、痛みがでやすい方といえるでしょう。

右肩のほうが左肩より動かしているからハリ、痛みがでにくい。

日本は圧倒的に右利きの方のほうがおおですよね。日常生活において右腕のほうが左腕より使うことが多く右肩のほうが左肩より動かす範囲が広い事はイメージつきますでしょうか。日常生活上、左肩よりも右肩のほうが多く動かすことで筋肉も適度な柔軟性を保ち、血流循環が良くなるので左肩よりも右肩のほうがハリ、痛みがでにくいと考えられます。

でも、

右肩のほうが多く使って動かす範囲も広いのならば左肩よりも疲れてしまい、右肩甲骨のほうハリ、痛みがでやすいのではと考える方もいらっしゃると思います。

では、ここでいくつか日常生活での動作を例にとって考えてみましょう。

食器を洗うことをイメージしてみてください。右手でスポンジをもって左手でお皿を持って洗うと思います。その時右手はこまめに動かしますが、左手はお皿を落とさないようにキープし動かさずに力を入れている状態です。

字を書く時も右手で鉛筆を動かし、左手で紙をさせています。スマホで操作するときも右指で操作し左手でスマホを支えています。このように、右手は適度に動かしているのに対して支え手となる左は保持するためにあまり動かさない割にはキープするために力を入れていないといけません。動かさないうえに力を入れて筋力を使っていると関節の可動域は狭くなり、筋肉も緊張し、血流循環が悪くなってしまいます。

左腕、右腕の筋力差と使いやすさでは?

先ほども言いましたが圧倒的に右利きが多いということは、右腕と左腕では右腕のほうが筋力が強い傾向にあります。

また、同じ動作をするときは右手のほうが左手よりも圧倒的にうまく使うことが出来ます。

そうするとどのようなことが起きるかというと、荷物を両手で持っていても左手のほうが疲れやすくなります。

また右手に何か持っていて左手で作業しないといけないときなどは、右手よりも余計な力が入ったり、右手で作業するよりも時間がかかったりすると思います。

このようなことが日常生活で続くと疲労が蓄積して結果左肩、左肩甲骨内側ハリ、痛みに繋がってきます。

左肩甲骨内側ハリ、痛みの傾向と対策。

ここで、大きく2つのタイプに分けて説明していきます。

1、朝起きた時痛みがでる、長時間同じ姿勢をしていると痛みがでるタイプ。

このタイプの方は基本的に気、血の流れが悪くなっている方です。寝ている時動かないときは日中や活動時に比べ気、血の流れもゆっくりになります。正常に体が機能していれば流れがゆっくりになっても全身にくまなく気、血が流れて痛みがでることはありません。よって、このような方は流れを促進するようにします。

  • 温めて流れを良くする。
  • 湯船にじっくりと浸かる。
  • 肩周りのストレッチを行う。
  • 長時間同じ姿勢をすることを避け、50分1回程度体を動かく。

2、夕方、夜になると痛みがでる。長時間作業をしていると痛みがでるタイプ。

このタイプの方は、オバーワークか自己治癒力が低下している方です。本来人間は自分で治す、回復する力が備わっており自己治癒力が正常に機能していればある程度の作業をしても耐えられるだけのエネルギーを持っています。しかし、自己治癒力が低下している方は、夜、睡眠をとっていても十分に回復していないため夕方、夜になるとエネルギー不足で痛みがでてしまうのです。また、エネルギーが十分でもそれ以上の過度な仕事をしてしまっても痛みがでてしまうのです。よってこのような方は自己治癒力をあげるようにします。

  • 十分に睡眠をとる。(時間だけでなく睡眠の質もよくないとだめです)
  • ただし食生活(食べ過ぎ、外食、コンビニ食などは控えましょう)
  • 適度な運動(ウォーキング30分程度を心がけましょう)
  • 精神的な余裕を持ちましょう(自分に合ったストレス解消を見つけましょう)

まとめ

右利きの人は左肩甲骨内側ハリ、痛みがでやすい。

朝、同じ姿勢で痛みがでる人は、気、血の流れを良くしていきましょう。

夕方、夜、作業をして痛みがでる人は、自己治癒力を高めましょう。

自分自身で色々やってみたけれどもやっぱり痛みが取れないという方は、プロに任せて治療を受けることをお勧めします。

気、血の流れを良くする、自己治癒力を高めるのは鍼灸の範疇です。迷っていないでご相談ください。

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

東京都葛飾区金町

健心鍼灸治療院

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,産後,東京都,葛飾区,鍼灸院,整体院,産後骨盤矯正,出産,生理痛,産褥期,妊娠,金町健心鍼灸治療院,ぎっくり腰,自律神経,睡眠,不眠症,鍼灸,鍼治療,首肩痛,産後,産褥期,骨のズレ,姿勢,変形性股関節症,変形性膝関節症

住所:〒125−0041
葛飾区東金町1−17−7新井ビル1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました