お知らせ。2月26日(水)予約状況は、予約状況、13:00、15:00~20:00空きがあります。 2月28日(金)予約状況、11:30~20:00空きがあります。

腎機能低下による内蔵下垂からの腰痛。

ブログ

こんにちは、

健心鍼灸治療院のあつぎです。今日は腰痛についてです。

腰痛の原因は、腰の骨や筋肉の障害、ストレス、内蔵の病気など様です。

全て合わせると日本人の90%が一生に一度は腰痛を経験すると言われる。

内臓下垂による腰痛で、今日は腎下垂についてお話していきます。

腎下垂/遊走腎とは

[どんな病気か]
腎臓(じんぞう)は、呼吸の動きに合わせて上下に移動します。
腎臓が、立ったときに、こうした自然な生理的な呼吸性の動きをこえて下がる状態を、腎下垂または遊走腎といいます。
健康な人でも、立つと、寝ているときよりも4~5cm腎臓が下がりますが、腎下垂では10cmくらい下がってしまいます。
腎臓のまわりにあって、これを支えている脂肪組織の発育が悪かったり、腎臓への血管が異常に長かったりするとおこります。
やせた女性に多くみられ、右の腎臓だけにみられることが多く、ほかの内臓下垂(胃腸など)をともなうことも少なくありません。
[症状]
無症状のこともありますが、長い時間、立っていたりすると、腎臓から下にのびている尿管が屈曲し、尿が流れなくなって、わき腹の鈍痛や腰痛(ようつう)がおこります。
また、腎血管がねじれるために、自律神経(じりつしんけい)系の消化器症状(むかつき、嘔吐(おうと)、食欲不振など)を訴えたり、血尿(けつにょう)、たんぱく尿、高血圧をともなうこともあります。
しかし、腎臓の機能が悪くなることは、ほとんどありません。
[検査と診断]
寝た姿勢と、立った姿勢で、わき腹を触れ、腎臓の位置を確かめることによって、診断がつきます。
立った姿勢で、造影剤を静脈に注射して腎盂(じんう)などをX線撮影(静脈性腎盂造影(じょうみゃくせいじんうぞうえい))すると、腎臓の下垂がはっきりみられ、診断は確実になります。
[治療]
長い間立っていて腰がだるくなってきたら、まず横になることです。やせている人は、体重が増えるような食事療法や、筋力をつける運動をするとよいでしょう。
また、症状が強い場合には、腎臓が下がらないように腹帯を巻きます。横になり、腎臓が正常の位置にあるときに、下腹部のほうから上腹部にかけて巻き上げます。
血尿、たんぱく尿などの症状が強い場合は、手術で腎臓を固定させることも行なわれます。
しかし、固定しても、ほかの臓器の下垂は残るので、完全に自覚症状が改善するとはかぎりません。また、再発することもあり、最近では、固定術は、あまり行なわれていません。

コトバンクより

東洋医学から診た内臓下垂の腰痛。

腎の不調である。

腎は成長、発育、生殖といった生命力を主っています。特に親から受け継いだ先天の精(エネルギーの源)をたくわえているとっころです。

親から受け継いだエネルギーが弱い、元々虚弱体質の方。

過度な労働、睡眠不足でエネルギーを消耗している方。

年配でエネルギーの枯渇が激しい方。

このような方は、腎虚の状態です。

腎虚になると、全身症状を訴えます。

  • 頭痛、目のかすみ。
  • めまい、耳鳴り。
  • 動悸、不眠。
  • 元気がない。
  • 下肢の冷え。
  • 腰のだるさ。
  • 食欲不振。
  • 排尿困難。

腎の不調を解決するには。

腎虚の状態は気が不足している状態です。エネルギー不足です。

十分な睡眠をとる。

仕事量を減らす。

食事をしっかりとる。(腹八分目)食事のとりすぎはかえってエネルギーの消耗となります。

腎虚に効くツボ。

築賓


兪府

鎖骨と第1肋骨との間で正中線より外方へ指幅3本分のところにあります。おヘソの外側2寸(正中線より約4cm外)で鎖骨の下際の位置にあります。

築賓と兪府を親指でいた気持ちいくらいの強さで、10秒程度押しましょう。それを5~10回繰り返しましょう。

せんねん灸を使うとさらに効果的です。

 

まとめ

親から受け継いだエネルギーが弱い、元々虚弱体質の方。過度な労働、睡眠不足でエネルギーを消耗している方。年配でエネルギーの枯渇が激しい方。このような方は、腎虚で内臓下垂による腰痛になります。

腎虚の状態が長く続くと、腰痛だけでなく頭痛、目のかすみ、めまい、耳鳴り、動悸、不眠、元気がない、下肢の冷え、腰のだるさ、食欲不振、排尿困難を生じます。治療は鍼治療が効果的です。

腰痛とともに上記の状態や症状がでている場合は、お早めにご相談ください。

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

東京都葛飾区金町

健心鍼灸治療院

住所:〒125−0041
葛飾区東金町1−17−7新井ビル1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました