お知らせ。2月26日(水)予約状況は、予約状況、13:00、15:00~20:00空きがあります。 2月28日(金)予約状況、11:30~20:00空きがあります。

お尻の痛み、太ももの痛み、しびれそれって坐骨神経痛では?

ブログ
柔軟性もつけて。適度に運動して。表はいるけど・・・。

こんにちは、

健心鍼灸治療院のあつぎです。今日は「坐骨神経痛について」です。

坐骨神経痛とは。

腰から足までに沿って流れている「坐骨神経」があります。

坐骨神経が何らかの要因で、圧迫、阻害、刺激されることにより痛みやしびれがでることを言います。

一般的な原因として、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、梨状筋症候群があります。

症状として、お尻、太もものうら、ふくらはぎ、すね、足先に痛みやしびれがでます。

痛むしびれる場所は、お尻が痛い、ももうらが痛い、足全体が痛いなど人によって痛む場所も範囲も異なります。

また、痛みしびれの種類も、締め付けられるような痛さ、電気が走るような痛さ、冷感、灼熱感と人によって異なります。

痛みしびれがでる時も、寝ている時が痛い、座っている時が痛い、動かし始めが痛い、歩いている時が痛い、常に痛いと人によって異なります。

坐骨神経痛になりやすい人。

原因のところでも書きましたが、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、梨状筋症候群になる方の特徴としては腰を酷使しているという事です。

  • 長時間座って作業している
  • 車の運転が長い。
  • 中腰での仕事が多い。
  • 重いものを持つ仕事している。
  • 姿勢が悪い。
  • 激しい運動をしている。またはしていた。

中高年がなりやすいといわれていますが、上記のことをして腰を酷使し続けて体のケアをしていないと若くしても坐骨神経痛になることはあります。

坐骨神経痛の対処法。

坐骨神経痛になりやすい人の特徴を上げると多くが仕事中での動作です。

そしたら、仕事を辞めるかしか方法がないように思いますが、そうではありません。

なぜならばその仕事をしている人が必ずしも坐骨神経痛にはならないからです。

また、あなた自身も今まで同じ仕事をしてきて、以前は痛みはなかったはずです。

しかし、今は坐骨神経痛で悩んでいるという事は、以前より体に負荷がかかることを知らぬ間にしてしまっているという事です。

または、ご自身の自然治癒力が低下してしまっているかです。自然治癒力についてはこちらを参照ください。→自然治癒力を高めるという事

対策

長時間座って作業をしている方は、1時間に1回は休憩をすることを心がける。

重いものを持つ方は、腰バンド、ベルトなどの補助用具で腰をサポートする。ただし、仕事中だけにしてください。

車運転が長時間な方は、クッションなどの補助用具をうまく活用する。また休憩をとって車から降りる時間を作る。

骨盤周りのストレッチを行う。

過激な運動をしている方は、運動メニューを今一度見直す。

少しの日常生活の変化が痛みの改善の第一歩です。

鍼灸施術

当院のも、多くの坐骨神経痛の患者さんが来院されています。鍼灸施術で腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症を治すことはできません。

しかし、坐骨神経痛の改善は鍼灸施術で多くの効果がでています。

梨状筋症候群はまさに鍼灸の分野であります。

ご自身での日常生活動作の見直し、ストレッチ、運動が思うようにできないという方は、迷わずご相談ください。

お問い合わせはこちら

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

東京都葛飾区金町

健心鍼灸治療院

住所:〒125−0041
葛飾区東金町1−17−7新井ビル1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました