お知らせ。2月26日(水)予約状況は、予約状況、13:00、15:00~20:00空きがあります。 2月28日(金)予約状況、11:30~20:00空きがあります。

ストレスからくる頭痛、めまいに対して

ブログ

こんにちは、

健心鍼灸治療院のあつぎです。今日は「頭痛、めまいについて」です。

はじめに

昔と比べてストレスの多くかかる現代社会において、ストレスにより体の不調を訴える人が増えてきています。

頭痛、めまいがして病院を受診して血液検査、レントゲン、MRI、CTもとったけれでも特に異常はない。

薬を飲んでも症状は改善されず、医師に精神的なストレスが原因かもしれないと言われ心療内科を紹介される。

心療内科では新たに薬をもらい飲んでみるものの症状は改善しない。

頭痛がすると、仕事も手につかず、やる気もでない日々が続く。

今現在、頭痛、めまいで悩まれているか方がこのブログをご覧になっていることでしょう。

少しでも、あなたのお悩みが解決できるようにお話していきます。

ストレスがなぜ頭痛、めまいを起こすのか

人間は、不快な出来事、人間関係、環境的ストレスによって精神的な感情によって一時的に精神が不安定になる。

人の心は「もろい」もので、このような出来事ですぐに精神に滅入ってします。

しかし人の心は「しぶとい」反面も兼ね備えている。どんな大きいショックや嫌なことでも一定の時間が経てば忘れてしまうし、

またその事実を「受け入れる心」ができたら、それは大きな学習として良い経験にもなりうる。

その「受け入れる心」ができる過程で、お体の異常が伴ってくる。

痛みや不調は体の危険信号であり、体を休めなさいという合図なのです。

ストレスにより体と心が疲弊すると痛み不調として体が信号を出しているのです。

頭痛、めまいもお体の危険信号の一つとしてあらわれているのです。

ストレスが溜まっている時は、時としてその痛み不調が精神的負担を増長させてしまいます。

これは体と心の負のサイクルに陥ってしまっている状態です。

ストレスにより精神的に疲れる→頭痛、めまいがする→痛みによりさらに気持ちが落ち込む→精神t歴にさらに疲れる

といったサイクルになります。

ストレスからの頭痛、めまいには鍼灸

ストレスからの頭痛、めまいで悩まれている方はいくつもの病院に受診して、漢方、整体、カイロ、などにも一度は行かれているのではないでしょうか。

また、ヨガ、瞑想と言ったいいものはある程度試してみたという方もいる事でしょう。

鍼灸では五行という考え方があります。

頭痛,めまい,頭がボーッとする,頭が重い,頭の筋肉がつる,襟足の上の部分の皮膚が赤い,顔がつる,顔がしびれる,目が見えにくい,視野が狭い,目がくもる,視界が暗く感じる,まぶたが重い,まぶたがピクピクする,耳が聞こえにくい,耳閉,耳鳴り,鼻が詰まる,くしゃみが止まらない,歯茎が痛い,舌がつる,口が開きにくい,口を開けると痛い,首が回らない,首が痛い,首が後ろに反らせない,喉が詰まりやすい,声が出にくい,声がかすれる,咳が止まらない,肩がこる,肩が重い,肩が痛い,腕が上がらない,腕を上げると痛い,腕が痛い,腕がしびれる,腕がつる,肘が痛い,肘が曲げにくい,手首が痛い,手首が曲げにくい,指が痛い,指が曲げにくい,指がしびれる,指先の感覚がにぶい,胸が痛い,乳房が痛い,脇が痛い,脇がつる,大きく息が吸えない,心臓に妙な鼓動がある,お腹が張る,下痢しやすい,消化が悪い,便秘,胃が重い,胃が痛い,鼠蹊部が痛い,下腹部が痛い,尿もれ,頻尿,生理痛,背の部位,背中が痛い,肩甲骨の下が痛い,背中がつる,背中が冷える,腰が痛い,腰が重い,腰に違和感がある,腰が動かない,腰を反らせない,尾骨が痛い,会陰の部位,陰部が痛い,陰部がつる,男性機能の低下,お尻が痛い,股関節が痛い,股関節が動きにくい,左右の脚の長さが違う,下肢が痛い,下肢がしびれる,下肢がつる,膝が痛い,膝に水が溜まる,ふくらはぎが硬い,くるぶしが痛い,アキレス腱が痛い,片足だけが冷たい,かかとが痛い,かかとの感覚がない,爪先が痛い,爪先の感覚がない,足の指が痛い,足の指がしびれる,足の裏が痛い,線維筋痛症,ムズムズ脚症候群,慢性疲労症候群,モルフォセラピー,船橋市,腸脛靭帯炎,痺れ,手首の痛み,股関節痛,アキレス腱炎,千葉県,ばね指,骨盤矯正,骨格矯正,骨のズレ,腰痛,首肩痛,自律神経,スポーツ外傷,怪我,オスグッド,背中の痛み,胸の痛み,坐骨神経痛,ヘルニア,整骨院,整体,産後骨盤矯正,猫背,肉離れ,姿勢,産後,東京都,葛飾区,鍼灸院,整体院,産後骨盤矯正,出産,生理痛,産褥期,妊娠,金町健心鍼灸治療院,ぎっくり腰,自律神経,睡眠,不眠症,鍼灸,鍼治療,首肩痛,産後,産褥期,骨のズレ,姿勢,変形性股関節症,変形性膝関節症

①肝陽の亢進による頭痛、めまい・・・怒りやストレスなどによって五臓の肝の疏泄機能が失調すると肝鬱(かんうつ)状態が起こります。

それが改善しないと熱を持ち肝を冷やす機能(肝陰)を損傷するようになります。

この為、肝陽が亢進して、頭や目に影響すると頭痛、めまいが起こります。

②気血両虚による頭痛、めまい・・・脾胃は五行の表ををみると「思」主ります。思慮しすぎると脾胃が疲れて弱まります。

脾胃虚弱の為に気血の生成が悪くなると、気虚の為に清陽が頭部にうまく到達できなくなり、また血虚の為に脳にうまく栄養が行き届かなくなります。

結果、頭痛、めまいがおきます。

また、慢性疾患によって気血を消耗したり、吐血、下血、崩漏(ほうろう。子宮出血、月経期間外の大量もしくは持続出血のこと)などによって、出血が多いとめまいが起きます。

③腎精不足による頭痛、めまい・・・腎は五行の表を見てみると「恐」主ります。恐怖な出来事が続くと腎が疲れて弱まります。

腎に蔵されている精(エネルギー)は髄(骨や血を作る元)を生じ、脳は「髄の海」と言われます。

腎精が不足すると髄や脳にも影響が及び

結果、頭痛、めまいがおきます。

頭痛、めまいと言っても感情的ストレスの違いのよって発生機序が変ってくるのです。

鍼灸は問診、脈診、腹診においてどの臓腑が侵されているのかを見極めて施術を行っていきます。

またストレスが溜まっていると首肩周りの筋肉も緊張しています。

筋緊張によ頭痛、めまいも起きます。

首肩周りの筋肉の緊張を緩めるにも鍼灸は通手も効果的です。

鍼灸についてもう少し詳しく知りたい方は鍼治療ってどういう効果があるの?

お問い合わせはこちら

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

東京都葛飾区金町

健心鍼灸治療院

住所:〒125−0041
葛飾区東金町1−17−7新井ビル1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました