お知らせ。2019年10月16日(水)予約状況10:00~14:00に空きがあります。

低血圧による冷え性に鍼灸が効果的?

ブログ

こんにちは、

健心鍼灸治療院のあつぎです。今日は低血圧による冷え症です。

はじめに

一般的に、「高血圧」はさまざまな病気を招く原因として危険視され、

治療や予防に積極的に取り組まれています。一方、「低血圧」はというと、

これといった治療がありません。重篤な病気を招くわけでもありませんが、

低血圧によって、冷え性、体がだるく、倦怠感が取れない、気力がわかない、

食が細く十分な栄養が摂取できないなど、日常生活をおくる上では、

それなりの悪影響があるのも事実です。

「体質だから仕方ない」あきらめないで、少しずつ体質を変えていけば、

不快な症状も軽減することが出来るのです。低血圧をきちんと理解して、

冷え性を改善していきましょう。

低血圧の種類

本態性低血圧

本態性低血圧とは、原因がはっきりしない低血圧のことを言います。

低血圧の8割程度を占めると言われています。身内に低血圧の人がいるなど、

遺伝による影響も大きいとされています。本態性低血圧が女性に多い理由の一つとして、

女性ホルモンの影響があると考えられています。女性ホルモンは血管を拡張する作用があります。女性ホルモンにより血管が拡張することにより末梢血管抵抗が低下し血圧を下げます。

体格的特徴として筋肉量が少なく痩せている、青白い、疲れやすい、冷え性、内臓下垂があるなどがあります。

主な症状はめまい、立ちくらみ、頭痛、肩こり、倦怠感、息切れ、動悸、寝付きが悪い、朝起きられない、手足の冷えなどです。

二次性低血圧(症候性低血圧)

二次性低血圧とは、病気や薬剤が原因となり起こる低血圧のことを言います。

症状は本態性とあまり変わりません。以下の病気によって低血圧になることがあります。

心筋梗塞、心室細動や心室頻拍などの重症な不整脈、狭心症、甲状腺機能低下症(橋本病)、

副腎皮質機能低下症(アジソン病)、低血糖症、低ナトリウム血症、出血、脱水、

がんや消化器潰瘍(胃潰瘍、十二指腸潰瘍)などに伴う栄養障害、貧血。

薬の副作用として低血圧が現れることもあるため、起こりやすい薬を使用している人は注意が必要です。

比較的低血圧が起こりやすい薬は降圧剤、利尿剤、強心剤、抗うつ剤、睡眠薬などです。

起立性低血圧

起立性低血圧とは、横になった状態や座った状態から立ち上がったときに

急激な血圧低下が起こることによって、立ちくらみ、めまい、失神や

血が引いていくような感覚が出るものを言います。収縮期血圧が20mmHg以上、

拡張期血圧が10mmHg以上低下します。この血圧低下は一過性のものですが、

普段の血圧が正常範囲内の人にも起こります。自律神経の調節機能が乱れている子供、

高齢者、若い女性に多い傾向にあります。

対処法

二次性低血圧はまずは、しっかりと原病を治すことが優先です。

本態性低血圧や起立性低血圧の場合で不快な自覚症状がある場合、

生活習慣の改善が主な治療となります。

また二次性低血圧の中でも生活習慣の改善で原病の改善がみられるものもあります。

食事

適量のナトリウム(塩分)を摂取し、カリウムの過剰摂取を控える。

体内においてナトリウムは血圧を上げる働きがあり、

反対にカリウムは血圧を下げる働きをします。

したがって、低血圧の人は一定量のナトリウムを摂るようにし、

カリウムの過剰摂取は控えるようにしましょう。ナトリウムはほぼすべての食品に含まれますが、

しょっぱいものに多く含まれていますので、塩分を多めに取りましょう。

カリウムは野菜、果物などに多い傾向にあります。

またタンパク質は血液などを作り出すためには欠かせない栄養素のため、

肉、魚、豆類などを積極的に摂りましょう。

冷たいものを避けて、温かい食事を心がけましょう。

野菜も生のサラダではなく火を通して食べるのがよいでしょう。

刺し身も体を冷やしますので、煮魚、焼き魚にして食べることをオススメします。

コーヒーや紅茶といったカフェインも交感神経を刺激して血圧が上がりますので、

朝コップ1杯飲むことをオススメします。水分もなるべく常温かお湯を飲むことをオススメします。

運動

ウォーキングや自転車(エアロバイク)などの有酸素運動を30分程度行いましょう。

下肢を中心にして全身の血流がアップします。

慣れてくるまでは自分が心地良いと感じる時間・強度で実施しましょう。

ヨガやストレッチで筋肉を伸ばすことで、血流を促進させます。

筋肉を伸ばすことでじんわりと体が温かくなってきますので、リラックス効果が高まります。

そのことにより自律神経の乱れの調整にもつながります。

鍼灸と漢方との併用

鍼灸では低血圧の方への施術も対応しています。体質の改善は鍼灸の得意とする分野です。

鍼灸は施術直後から効果を実感できることもあり、繰り返し受けることで治療効果がどんどん高まっていきます。

しかし毎日施術を受けられる患者さんはそれほど多くは無く、

1-2週間に1度という頻度になることが多いです。

そのため、治療を受けていない残りの時間の間に、生活習慣の乱れなどによって

どうしても体の歪みが元の状態に少し引き戻されてしまいがちです。

一方で、漢方での体質改善は、飲んですぐに効くといった効果のあらわれかたはしないことが多いです。

しかし、毎日続けて飲むことで、じわじわと効果が積み重なっていき、治療の成果が高まっていきます。

当院では、漢方の薬剤師さんと連携しているため鍼灸と漢方の相乗効果で

低血圧にアプローチしていくことが可能です。

漢方の無料相談はこちらのライン@にわたし漢方

当院のご予約はこちらからお問い合わせ

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

東京都葛飾区金町

健心鍼灸治療院

コメント

タイトルとURLをコピーしました