お知らせ。2019年10月16日(水)予約状況10:00~14:00に空きがあります。

慢性的な肩コリ。実は食生活に原因があった。

ブログ

こんにちは、

健心鍼灸治療院のあつぎです。今日は肩コリについてです。

はじめに

現代社会において、パソコン、スマホは欠かせないものになっています。

長時間のパソコン、スマホは肩コリの原因となりますが、実はあなたが食べている

日々の食事にも肩コリの原因が潜んでいるのです。食事と肩コリの関係について

みていきましょう。

肩コリの原因の一つは血流の悪さ

甘いものをとりすぎると体が冷える

お菓子を食べ過ぎると、血糖値が急激に上がります。急激に血糖値が上がると

脳が膵臓に指令をだします。膵臓は脳からの指令でインスリンを分泌させ、血糖を下げようとします。

急激に上がった血糖を下げるのにインスリンを出し続けると、今度は

血糖値が急激に下降します。血糖値が急激に下がると体が危機感を感じて、今度は

交感神経により血糖を上げようとします。交感神経が優位になると、血管が

収縮します。血管が収縮することにより、血流が悪くなり体が冷えます。

この状態が頻繁に起こると、甘いものを食べた時すぐに交感神経が優位になってしまいます。

過度に甘いものを食べていないのに、交感神経が過敏に反応し優位になります。

結果自律神経のバランスが乱れ、血流が悪くなり肩コリになります。

東洋医学的にも白砂糖は陰性に属し体を冷やしますので、過剰に取り続けると、体が冷えて

血流が悪くなり肩コリの原因となります。

冷たいものを食べ過ぎると体が冷える

現代は、いつでも冷たいものを食べられる環境にあります。冷たい飲み物やアイスクリーム

を一年中食べることができ、冷たいものを多く摂取しがちです。また、野菜や果物も一年を通して

食べられます。夏の果物や野菜は体を冷やしますので、冬に食べると体を冷やします。

冷たいものを食べ過ぎて体が冷え、血流が悪くなり肩コリになります。

食べ過ぎると

食べ過ぎると、お腹の筋肉の緊張が強くなります。たまに食べ過ぎるくらいなら問題ありませんが、

ついつい食べ過ぎてしまうという事が、続くとお腹の筋肉常に硬くなってしまいます。

お腹の筋肉の緊張が強くなると、猫背になります。猫背になることで肩コリになります。

また、食べ過ぎると胃腸の機能が低下します。東洋医学では消化器系は脾が主ります。

脾の機能が低下することで冷え、血流が悪くなり肩コリになります。

カフェインの取りすぎ

カフェインは交感神経を興奮させる作用があります。交感神経が優位になると

血管が収縮されて、血流が悪くなります。血流が悪くなると筋肉が硬くなり、

肩コリとなります。

慢性的な肩コリにならないための対策

甘いものを食べるのであれば、お菓子などの甘いものではなく、なるべく自然な甘みをとりましょう。

果物、カボチャやサツマイモといった自然由来のものを摂取することをオススメします。

また、調理法や食物によっては体を冷やします。生で食べるのではなく火をとして食べる。

生の野菜サラダを食べる時は、お味噌汁などの温かいものも一緒に食べましょう。

栄養バランスだけでなく、体を温めるという観点でも食事を見ましょう。

食事をとるときに一気に血糖値を上げないためにも、ごはんから食べるのではなく副菜から食して

ごはんとおかずを交互に食べていきましょう。

冷たいジュース、アルコールやアイスクリームといった冷たいものは、極力食べるのを控えましょう。

冷たいものを食っした後は、ハーブティーなど必ず体を温めるものを摂取するように心がけましょう。

食べ過ぎも習慣です。最初はこれくらい食べても大丈夫。それが徐々に食べないと満足しないに変っていきます。

食べ過ぎた次の食事は、いつもより量を減らしましょう。腹八分目の習慣をつけることが大切です。

最後に

普段何気なく食べているものにも、習慣化すると肩コリの原因だったという事がご理解いただけましたでしょうか?

自分では、これがいけないことだと自覚していないケースや、分かっているけどなかなか改善できないケース。

自分で自分の食生活や生活スタイルの見直しが難しい方は、ぜひご相談ください。

当院ではお身体の痛み・痺れ・不調に対して的確な診断・検査を得意としております。

どこにいってもよく分からない、改善しない身体の悩みがありましたらご相談下さい。

東京都葛飾区金町

健心鍼灸治療院

住所:〒125−0041
葛飾区東金町1−17−7新井ビル1F

コメント

タイトルとURLをコピーしました